ニュース&リリース

2022.1.17

Posted by 川端

コラムvol.27☆キンザー街づくりについて学ぶ~川端ゆかりからシンポジウムのお知らせ~

  不動産情報

2022年1月17日 とまとハウジングメルマガにて配信した内容となります

【1/18追記】

シンポジウムご参加お申込みは下記からお願いいたします

2月5日(土)キンザーシンポジウムお申込みページへ移動します

-------------------

ハイタイ!沖縄クチコミ不動産とまとハウジング®・メルマガ+LINE

ご愛読いただきまして誠にありがとうございます(^^)/

-------------------
★公式LINEで新着情報!お友達登録は【こちら】から
-------------------

ハイタイ!沖縄クチコミ不動産とまとハウジング®LINE+
メルマガをご愛読いただき感謝です(^^)/

沖縄県内オミクロンと通常の風邪の甲乙がつけがたく、
人が動けななくなり=社会活動、経済ストップ、と
今までのコロナと違った苦しさがあり歯がゆさも覚える日々ですね。
あなたもどうぞご自愛くださいませ。
オミクロン対策として、とまとハウジング®では
感染リスク軽減のため3交代制(リアル、リアル+リモート、リモート)で
営業時間は変えずに営業しております。

さて、今回はとまとハウジングというよりは~

イチうちなーおばさんからのお知らせです(^^)/

~キンザー街づくりについて学ぶ→川端ゆかりからシンポジウムのお知らせ~

みんなで考える浦添西海岸・キンザーの街づくりシンポジウム

VOL.2

〇2月5日土曜日 14:00~16:30(定員80名)
オンライン(ZOOM) 
参加費無料

です(^^)/

街づくりに興味のある沖縄県民、特にキンザー地主(県内外問わず)の
あなたにご参加いただけたら幸いです。

 

 


 

時を巻き戻して元を辿れば、2019年の8月に県、那覇市、浦添市が
那覇軍港移設先を浦添市北側(ざっくりいうと現パルコ前の沖合)に
埋め立てることに同意した、という報道を
受けて行動したのが始まりです。

え?
なんだってぇい?

せめて、せめて、南!(埋め立てなしにこしたことはないですが)

那覇軍港の移設場所によって

牧港補給地区=キャンプキンザー の不動産価値に雲泥の差がでます。

例えるならば
サンセットと海が見える住宅の
センターど真ん中前にある日突然、灰色の高層建物が建設予定になる、というイメージです。

説明は大事!!

サンセットと海、これは高い不動産価値をキープする上では鉄板です!!

不動産はロケーション!ロケーション!!ロケーション!!!

しかもキンザーのポテンシャルは他方あります。

ハワイのワイキキエリアと同規模なのがキンザー海岸沿いです。
地価だけでなく経済、観光、雇用、可能性は多岐にわたります。
那覇、宜野湾、北谷、恩納村、北部全域はそれによる派生効果も期待できます。

空港へのアクセスも20分前後、那覇に隣接する市街地で273㌶
という土地が米軍基地返還によって新たに生まれるというのに。

また、県民に周知される前に埋め立て決定かいっ!!

ってなもんで。

陳情書を出したりしていましたが、私、一人の力は弱く、まるで1歳の
お誕生会のローソクのごとく「フッ」と消されました。

誰かと争いたいのではない。
反対運動がしたいわけでもない。

まだ、間に合うのなら
ひらかれた場で説明がほしい!

「県民の意識を変えてまちづくりに興味をもってもらいたい」

一人で無理なら民意を集めちゃお(^^)/

と、考え行動し

「仕方がない」を「仕方がある」へかえる手法↓

コミュニティーオーガナイジングという
ムーブメントを起こす手法に辿り着きました。
その手法をキンザー跡地にあてはめて同志6人とともに8か月間学び企画しました(^^)/

~未来の大人たちへ誇れる街を~
~100年後もありがとうといわれる街を~

「返還後のキンザーの街づくりから海へ向かって考える」

という視点。

また、私のように

「立地を活かした経済効果!軍港の位置は曖昧にされたら困る、重要!」

という気持ち。

登山の登り口が幾通りもあるように

6人いてもそれぞれの視点があります。

ですが、未来の大人たちへ

「ここは昔、のどかな民家と畑があったところを戦争に負けて収用された
悲しい歴史があるんだよ。
でも、基地だったから現在、市街地に近くて海が美しい場所として残っているんだよ」

と、キンザーの跡地について話せたらいいな、という「想い」は同じはずです。

「街って住む人がつくるんだよ、つなぐんだよ」

そんな想いが生まれるきっかけになるシンポジウムになればと企画しました(^^)/
あなたのご参加お待ちしています~

*2024年、2025年と予定ではありますが、キンザーの返還が近づいています。
キンザー地主のコミュニティーも立ち上げられたらと考えています。(地主2800名)
返還後の合意形成は大切です。
  
最後までご一読いただきありがとうございます。
キンザー愛がおてんこもりのキンザーおばさん川端ゆかりでした('ω')ノ