真栄田知泰
真栄田知泰

真栄田 知泰

TOMOYASU MAEDA

ニックネーム/ともやし

血液型/A型

資格/

住宅金融普及協会認定住宅ローンアドバイザー、定借アドバイザー

自己紹介/

1995年生まれ てんびん座 すき家(特におろしポン酢牛丼)が大好きです。
お休みの日は海にいます。ルアー・打ち込み・フカセお勉強中です。
目標は打ち込みにてタマン60over 、マクブにも会いたいと思っています。
最近は車中泊にも興味があります。泊まり込みで釣り遠征にも行けたらと思います。

魚

真栄田さんはエージェントスタッフの中では最若手、エージェント歴3年だそうですね。忙しくてプライベートの時間も取れないのでは?

これまで別の仕事をしていましたが、まだ小さい子供がいることもあり、平日で残業のない仕事を、と思い、とまとハウジングに転職しました。
ベテランの先輩たちに囲まれて、困ったらすぐに教えてもらえる、相談したらすぐに解決に導いてもらえる、そんなありがたい環境で、 不動産業界という僕にとっては全くの未知の世界だったところで働かせていただいてます。
驚くことに残業もなく、代表のゆかりさんをはじめ、子育てにとても理解がある会社なので、まだまだ小さい子供たちとの時間をたっぷり持つことができるんです。
もちろん、小学生の頃から始めた趣味の釣りにも、たっぷり時間を費やしていますよ。最近の釣果は全長67.5cm、4.2kgのタマン。これにはちょっとアガリました!

頼りがいのある先輩たちの中で、特に勉強になったことはありますか?

どんな仕事でもそうだと思うんですが、「お客様を覚えよう!」と思って頑張っています。先輩たちは、本当にすごいです。 何年も前のお客様の契約内容やプライベートな出来事、ちょっとしたエピソードなどを本当によく覚えているんですよ。 これはとまとハウジングにリピーターのお客様が多いこと、キャッチコピーの通り人が人を呼ぶ「クチコミ不動産」であることを物語っているなぁと感じています。
だから僕も記憶力を鍛えて(?)一人ひとりのお客様との小さなやりとりを大切にしていきたいなと思っています。

初めてお客様を担当した時のことは覚えてますか?

はい。それはもう、よく覚えています。
初めてマンションを購入するお客様でした。お客様のご希望の物件を4軒ほど一緒にまわり、最終的にはその中の1軒に決まり、 先輩に助けてもらいながらなんとか契約まで完了しました。それから軍用地購入希望の県外からのお客様も、最初の電話での問い合わせから、 最後の契約まで、担当しました。この時は分筆の作業があり、お客様にはお待ち頂いたんですが、すごく勉強になりました。
物件を売りたいというお客様、物件を買いたいというお客様からの相談から始まり、ご案内、契約、物件のお引渡しまで、 最終的にお客様に喜んでいただけるお手伝いが出来たら最高です。
経験も浅いため、周りの先輩方に教えてもらいながら、がんばっているところです。

真栄田知泰

大切な人へ贈りたい一冊

書籍

2006年にスタートして現在62巻まで発売中のマンガです!
舞台は古代中国春秋戦国時代末期、中国史上初めての天下統一を成し遂げた始皇帝の話。とにかく長いので、一番好きな話が掲載されている16巻を。 直前の15巻まで負ける気配が全くなかった王騎将軍が亡くなったのが16巻。自分を守ってきた武器(矛)を次世代を担う信に託す。 見事に世代交代を果たしたその生き様と死に様、戦う男の美学が詰まっている感動的な巻です。まず最終巻(いつ?)まで見届けて、 いつか息子に読ませるかな? いや、読まないかな…。

<書籍データ> 『キングダム』 (著者)原 泰久 (発行)集英社

真栄田知泰