【任売事例】ライフプランの変化から住宅ローンを滞納-沖縄の中古住宅・中古マンション・軍用地・土地・収益物件の売買、任意売却・不動産相続相談は売買専門不動産とまとハウジング

任意売却や軍用地なら、沖縄のとまとハウジングへ

【任売事例】ライフプランの変化から住宅ローンを滞納

沖縄は全国的に見ても競売不動産が多いと言われています。
社会経済の不況、所得標準の低さなど、人生設計を狂わせる要因が背景にあります。
13年前に分譲マンションを購入したものの、住宅ローンの返済が滞ってしまったBさん。
同じ悩みを抱えている方の役に立てればと、その体験を話してくれました。


安定した生活に変化が...

本島南部出身のBさんは、13年前夫婦で新築の分譲マンションを購入しました。
会社勤めだったBさんと、同じく会社員のご主人の収入で月々の返済も年2回のボーナス払いも問題なく支払っていました。このまま安定した生活が続くのだろうと思っていたBさんでしたが、Bさんのご主人の考えは違っていました。
ある日、ご主人から「会社をやめ起業したい」と打ち明けられたのです。以前から冗談とも本気ともつかない感じでBさんに話してくれていましたが、Bさんは本気にしていませんでした。うまくいくかどうかわらからない独立という選択に不安もありましたが、夫婦で相談を重ね、思い切ってご主人の夢を応援することにしました。


住宅ローンの滞納で途方に暮れる...

当初はご主人の事業収入とBさんの給料で、これまでどおり滞りなく住宅ローンを支払っていましたが、あるときから月々の返済額が一気にアップ。購入から10年がたち、金利の優遇期間が終了したのです。
これまでも生活に余裕があった訳ではないところへ、ますます住宅ローンの負担が重くのしかかってきました。
しばらくは貯金を切り崩したりしながら、どうにか支払ってきたBさん夫妻でしたが、これを機に滞納をすることになってしまったのです。そして滞納期間も3ヶ月となり、ボーナス払いも支払うことができませんでした。
誰にも相談できず、Bさん夫妻はつらい気持ちで解決策もわからないまま途方に暮れていきました。


解決への第一歩...

いっそ売却してしまおうとも考えましたが、売却したとしても住宅ローンの残高には足りないので、売っても無駄だとあきらめていました。
銀行から督促状が届くたび不安になり、この先どうなってしまうのかわからなくなってしまっていたBさん夫妻。
競売になったら生活はどうなるのだろう...と、不安な毎日を過ごしていたBさんは、思い切って友人に窮状をうちあけました。その際に、任意売却を専門にした不動産会社とまとハウジングを紹介してくれたことから、今の状況をどうにか解決したいとの思いで相談に行くことにしました。


ご主人がサラリーマンをやめ起業するなど、ライフプランの変化から、当初の計画通り住宅ローンを支払えなくなってしまったBさん夫妻。
このまま競売かとあきらめかけていましたが、相談に訪れたとまとハウジングで「任意売却」という方法を提案されます。


つらい毎日に光が...

とまとハウジングで、住宅ローンの支払いに困った場合の「任意売却」という方法があるということを説明してもらったBさん夫妻。売却後、住宅ローンが残ったとしても、無理なく支払いながら通常の生活を続けていけることを知り、迷うことなく手続きをすすめることにしました。
「どうせ売っても無駄だ」とあきらめていたBさん夫妻は、「任意売却」という解決の方法があることをそのときはじめて知ったのです。通常の販売活動で購入者を探してもらいながら、銀行への連絡などもすべて不動産会社が行ってくれることから、依頼後はこれまで通りの生活を送りながら、売却後の生活へ向け少しずつ準備を行うことができました。 Bさんのマンションは築13年が経過していましたが、比較的きれいに使用していたことからリフォームの必要がないことと、交通の利便性もよい立地だったこともあり、販売開始から2ヶ月ほどで購入希望者が現れ無事契約となりました。


新生活へ向けて...

売買契約を済ませた後は、気がかりだった引っ越し費用などのことも、とまとハウジングの担当者と相談を重ねて目途をつけ、Bさんは安心して新しい生活の準備に取り掛かることができました。
こうして、契約から1ヶ月半ほどでBさんのマンションは無事購入者に引き渡すことができました。
売買価格はBさんの住宅ローン残高には足りない額でしたが、不動産会社や司法書士と銀行間の交渉で、抵当権を外し新しい所有者へと移転登記も完了。残った住宅ローンは、銀行と相談し月々無理のない金額を支払っていくこととなりました。
つらい気持ちを抱えていた中で、任意売却という解決方法があると知ったときが一番うれしかったと笑顔で語ってくれたBさん。
夫婦だけでは、とても解決できなかった。もし同じように悩んでいる方がいるのなら、とまとハウジングにぜひ相談してみてほしい!」と親身になって話してくれました。
今、Bさん夫妻は新しい生活をスタートしています。


とまとハウジングから

Bさんは、住宅ローン滞納期間3ヶ月という早期の段階で、弊社へ相談にいらして下さいました。
また、住宅ローン以外に、不動産を担保にした借入や差押等もなかったため、比較的スムーズに任意売却が成立したケースです。


ご依頼者の状況やご希望、物件の状況をお伺いし、今後の対策をご一緒に考えます。Bさんのように、住宅ローンのお支払いでお悩みがございましたら、ぜひとまとハウジングへご相談ください。

任意売却ならとまとハウジング

スマホ