壁心(不動産用語集)-沖縄の軍用地・中古住宅・中古マンションなら、とまとハウジング

任意売却や軍用地なら、沖縄のとまとハウジングへ

不動産用語集

壁心  【かべしん・へきしん】

建物の床面積を測定する際に、壁の厚みの中心線を想定し、この中心線に囲まれた面積を「床面積」とする考え方のこと。

※=「壁芯」
※「壁心」の考え方で計算すると、壁の厚みの分が床面積に加算されるので、実際に使用可能な部分の床面積よりもやや大きな床面積となる。
※建築基準法では、建物の床面積とは「壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の面積」であると規定しているので、建築基準法は壁心の考え方を採用しているということができる(建築基準法施行令2条1項3号)。
※この「壁心」と異なる床面積の測定方法として「内法(うちのり)」がある。



スマホ