不動産購入や不動産売却、収益物件や軍用地に関する情報サイト

売買契約について

売買契約について

販売活動を行い、ぶじ買手が決まりましたら、契約を経て引渡しとなります。どのような流れで行っていくのでしょうか。

トラブル防止のための契約書

スムーズに次の方へ引渡しができるように、また、万が一のトラブルを避けるために、売主・買主で売買契約を結びます。売買契約書は不動産会社が作成します。売買代金、手付金の額、融資利用の際の取り決め、その他物件特有の引き継ぎ事項などが盛り込まれ、売主、買主双方ともに署名捺印し、それぞれ保有することになります。

契約時に、手付金を支払います。手付金は契約の証として、売買代金の一部を買主から売主へ支払うものです。一般的には売買価格の10%程の金額に設定されることが多いです。

また、買主が住宅ローンを利用する場合には、万が一ローンが借りられない場合は、契約を白紙に戻すという「ローン特約」を設定します。

契約日から引渡しまで期間があるため、その間に天災地変や火災など(売主、買主に責任がない損害)が発生した場合の取り決めや、一方的なわがままで契約を破棄した場合の損害賠償の内容なども契約書にはかかれています。

署名・押印の前にしっかり確認&納得を

安全に、双方納得のいくかたちで引渡しが行われるように契約書は交わされます。契約の署名押印を行う前に、不安な点、わからない点、聞いておきたい点は遠慮せずに確認することがとても大切です。