不動産購入や不動産売却、収益物件や軍用地に関する情報サイト

宅建主任士へ

宅建主任士へ

平成27年4月1日より、宅地建物取引主任者から宅地建物取引主任士へ名称が変更されました。
それと共に、業務処理の原則・従業者への必要な教育を行うよう努める義務等を規定する業法の一部を改正する法律が公布されました。

・購入者等の利益の保護及び円滑な宅地又は建物の流通に資する
・宅地建物取引業に関連する業務に従事する者との連携に努めなければならない
・信用又は品位を害するような行為をしてはならない
・宅地・建物の取引に係わる事務に必要な知識及び能力の維持向上に努める
・必要な教育を行う
・暴力団員等である者は不動産のお仕事としての免許が取り消されたり、欠格となってしまいます。また、宅地建物取引士としての登録に関しても同じように暴力団員等であると、欠格となったり消除されたりします。

などなど追加されてます。
まさに士業へと変わりそれだけ責任も大きくなったということですね!

[参照ページ]
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_gian.nsf/html/gian/honbun/houan/g18601026.htm
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo16_hh_000114.html