不動産購入や不動産売却、収益物件や軍用地に関する情報サイト

沖縄不動産ネコの巻|沖縄の不動産の小ネタ・情報配信中!

媒介契約の種類

不動産を売却しようと思ったとき、不動産会社と媒介契約を結びますが、この媒介契約書には3種類ございます。

(1) 専属専任契約
1つの不動産業者に専属して依頼する。
(2) 専任契約
専属専任契約とほぼ変わりはないが、依頼者が見つけた購入希望者と契約できる。
(3) 一般媒介契約
複数の業者に重ねて仲介を依頼できます。

この3種類の媒介契約、不動産業者の立場から見るとどのような違いがあるのでしょうか。

諸経費について

住宅を購入したいと考えたときに、気になるのは資金のこと。
一体どのくらいのお金が必要になるのでしょう。

住宅を購入するときには、物件の売買価格とは別に諸費用がかかります。
一般的には、中古住宅の場合だと諸費用として物件価格の8%程度を考えておくとよいといわれています。
たとえば2,000万円の物件だと、諸費用として約160万円が別途必要となる計算となります。

住宅をご自分の名義にするための登記費用や、中古住宅の場合は不動産会社に支払う仲介手数料
また、住宅ローンを利用する際には、銀行への事務手数料保証料保険料などが必要となります。

売買価格と他におおよその諸費用をプラスした金額をイメージして物件を選ぶといいですね。