不動産購入や不動産売却、収益物件や軍用地に関する情報サイト

契約後お引渡しまでに困ったとき

契約後お引渡しまでに困ったとき

手付金を支払い、売買契約を締結した後は、売主・買主双方とも引渡しに向けての作業に取り掛かることになります。

中古住宅の場合、すでに空家になっているケースと、契約時に取り決めた日までに引っ越しをして引き渡す場合とがあります。その際、売主様は契約後すみやかに引っ越しの手配等を行い、指定の期日までに空家にすることが条件となります。

買主様は、銀行の融資を受ける場合には、契約後すみやかにお手続きをすすめることになります。

売主と買主、そして仲介業者が協力して、スムーズにお引渡しできるよう作業をすすめていきます。
万が一、契約時に取り決めた内容ですすめられない恐れがある場合や、困ったことが起こった際には、すぐに仲介業者に相談することが大切です。

仲介業者は、売主と買主の間のいろいろな取り決め調整をしたり、買主様の融資について必要があれば銀行と調整を行ったりと、専門知識を活かして不動産売買をお手伝いします。