不動産購入や不動産売却、収益物件や軍用地に関する情報サイト

新築派?中古派?あなたはどっち?

新築派?中古派?あなたはどっち?

新築と中古、どちらが良いか迷っている・・というお客様からのご相談を受けることもあります。

どちらが良いか・・は、お客様にご判断いただくことになるのですが、まずは私たちとまとハウジングが取り扱っている中古住宅のメリットをあげてみます。

中古住宅のメリット

まずは、新築に比べて価格が安いということがあげられますが、その他にも中古住宅購入のメリットはあります。

たとえば、人気の住宅エリアでは住宅用地の売買が少なく、新築しようにも用地が取得できないケースも多々あります。中古住宅購入を選択肢に加えることで人気エリアに住まいを持つ可能性が広がります。

また、中古住宅、中古マンションでは、売主さんに普段の生活のようすを直接確認できることも大切なポイントです。

とくにマンションでは、管理状態や隣近所の入居者の情報など、毎日の住み心地に関わってくる情報は重要視したいところです。その点においては、売主さんからのリアルな情報というのは、物件選びに役立ちます。

築年数は古くても、建物の修繕やリフォームで、自分の希望する住宅へカスタマイズすることも可能です。立地や予算が合う場合は、中古住宅も検討の価値ありです。

中古住宅仲介の立場から

中古物件をご案内している立場から感じることですが、上記で紹介したような中古住宅のメリットに視点をあてて、ご自分の希望に叶った物件と出会っていくお客様がいる一方、どうしても中古住宅のデメリットの部分(古い、汚れている、壊れている)が気になってしまうお客様がいらっしゃいます。後者のタイプのお客様は、なかなか購入の意思を固めることができず、物件探しも長期になってしまっているケースも少なくありません。

物件選びで譲れないポイントは、予算なのか、立地なのか、建物のスペックなのか。ご自分の物件選びにおける優先順位を考えてみることも、「新築か、中古住宅か」というお悩みを解決する手掛かりになりますよ。